羊水と同等の酸化還元電位

水素ブームが始まり、世に出回る製品は水素含有濃度と酸化還元電位競争の2大様相を呈しています。
しかしながら、医学的な観点から人間がこの世に生をなすまでの生きる環境は、体内の羊水です。
羊水の成分は、そのほとんどが無機質(ミネラル分)で有機質をほとんど含みません。羊水がアルカリ性の時は元気な赤ちゃんが産まれ、酸性の時は危険な場合は多いと言われています。羊水の酸化還元電位は‐ 200~̠ 300mv程度と言われ、これを超え⁻ 500mv・・ 700・・ 800・・となると反対に抗酸化に悪影響を及ぼすと考える学者もいると言うことです。赤ちゃんが急速に育つ環境という観点から、ゆうき水素は化学的・医学的の両面から羊水と同等の酸化還元電位を推奨いたします。